施設利用要綱

このエントリーをはてなブックマークに追加
串間市農村環境改善センター 利用要綱  利用者登録ページ  利用申請ページへ  TOPに戻る

串間市農村環境改善センター条例はこちら

○串間市農村環境改善センター条例
平成17年6月28日串間市条例第22号
改正
平成19年3月28日条例第16号
平成26年3月24日条例第11号
串間市農村環境改善センター条例 (抜粋)
串間市農村環境改善センターの設置及び管理に関する条例(平成6年串間市条例第23号)の全部を改正する。
(趣旨)
第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、串間市農村環境改善センターの設置及び管理に関し、必要な事項を定めるものとする。
(設置及び目的)
第2条 農業経営及び農村生活の改善合理化、農村居住者の健康増進等広く地域住民の利用に供することにより、地域連帯感の醸成を図ることを目的とし、串間市農村環境改善センター(以下「センター」という。)を設置する。
(名称及び位置)
第3条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。
(1) 名称 串間市農村環境改善センター
(2) 位置 串間市大字北方4177番地1
(事業等)
第4条 センターは、次の事業を行う。
(1) センターの施設及び設備(以下「施設等」という。)の維持管理に関すること。
(2) 施設等の使用等により農業経営及び農村生活の改善合理化、農村居住者の健康増進及び地域連帯感の醸成等を図り、農村環境整備を組織的に推進すること。
(3) 前号に規定する事業の遂行に支障がなく、施設等の適正な利用形態が保持される場合に限りその施設等を供すること。
(4) 農業及び農村等に関する情報の収集、提供及び発信に関すること。
(5) その他市長が必要であると認める事業
(休館日)
第5条 センターの休館日は、次のとおりとする。
(1) 毎週火曜日
(2) 年始(1月1日から1月3日まで)
(3) 年末(12月29日から12月31日まで)
2 市長は、特に必要があると認めるときは、臨時に開館又は休館することができる。
(開館時間)
第6条 センターの開館時間は、午前8時30分から午後10時までとする。
2 市長は、必要があると認めるときは、前項の時間を変更することができる。
(使用者)
第7条 センターを使用することができる者は、串間市に住居を有する者で第2条に規定する設置目的に基づく活動等を行う者とする。
2 市長がセンターの管理運営上支障がないと認めるときは、前項に定める以外の者についても施設等を使用させることができる

別表(第13条関係)
農村環境改善センター使用料
(単位:円)

区分 時間枠使用料
午前 午後 夜間
研修室(和室) 700 850 1,000
会議室 800 950 1,210
ギャラリー 550 660 900
多目的ホール
入場料を徴収なし
3,500 4,360 7,100
多目的ホール
入場料を徴収
13,000 17,000 31,000
調理実習室 900 1,000 1,300
※特別料金・・・多目的ホールに限り、夜間(夕方・よる含む※1)にスポーツで使用する場合の使用料は、1回につき700円とする。

付記事項
1 午前とは午前9時から正午まで、午後とは午後1時から午後5時まで、夜間とは午後5時から午後10時までをいう。
2 時間超過の場合は、超過1時間(1時間に満たないときは1時間とする。)につき、それぞれの使用料の3分の1を徴収する。
3 入場料とは、入場料、会費、会場整理費等その名称を問わず入場することに関し、徴収される入場料、その他これに類するものをいう。
4 冷暖房施設を利用する場合は、使用料の50パーセント増とする
5 多目的ホールを夜間にスポーツに使用する場合の使用料は、この表の定めにかかわらず、1回につき700円とする。
6 調理実習室の自動発酵機を使用する場合は、1時間当たり70円を徴収する。

※重要 ※1付記1の夜間午後5時から午後10時までの他に、付記5のスポーツ利用に限り、表記以外の時間枠として「夕方」午後5時から午後7時30分を追加し、その「夕方」限定の利用に続く同じコートの場合の時間枠として、「よる」午後8時から午後10時までを設ける。この場合の利用料金はそれぞれ一回につき700円を支払うものとする。

キャサリンさんが礼節を重んじた指導を行う空手教室(敬武館)